LINE証券の口座を開設

未分類

LINE証券の口座開設


少額投資用の口座、SBIモバイル証券に続いてLINE証券も開設

 

LINE証券とは?
LINEがつくった、新しいネット証券。スマホひとつで、移動中でも旅先でも、1株数百円から手軽に投資できます。LINE証券なら、平日は夜21時まで取引できるので、忙しいあなたにおすすめ。市場の値動きを確認しながら、リアルタイムに注文・約定できます

 

あくせる
あくせる

SBIモバイル証券とLINE証券を比較して

SBIモバイル証券を選択して口座開設したが、先日LINE証券が始めたサービスが気になって結局LINE証券も口座開設してしまった・・・

 

 

 

 

株のタイムセール

LINE証券が先日始めたサービスが株のタイムセール
17~19時の間で最大7%OFFで10株まで購入可能との事

あくせる
あくせる

7%OFFって普通のスーパーなどの食品の値引き率から見たらたいした事ないかもしれないが、株式取引の世界で考えたら大事である。

株価は毎日のニュースで日々変動するが、決算や大きなニュースなければだれでも知っている様な時価総額の大きな会社の株は3%も変動しない事が多い

これが7%OFFで獲得できれば勝てる確率はかなり高い
ただ、10株までと購入株数は決められているので大儲けはできない

あくまでも少額の確実狙い

対象銘柄は毎週火曜、木曜の17:00に発表との事

知名度高いNTTドコモで見てみる


本日の終値は3065円(1株辺り)
単位 100株と記載してあるように通常であればNTTドコモの株を購入するには
306,500円の資金が必要
これが1株単位から購入可能なのがLINE証券やSBIモバイル証券

話を戻してタイムセールの話題

仮にこの銘柄がタイムセールの対象となって5%OFFで購入可能となって5株購入出来たとする。

通常であれば3065円×5株で15,325円(スプレッド考慮入れず)
これが5%OFFになれば約14,558円での購入が可能(2911円×5株)

仮に明日の寄り付き地合いが少々悪く3,000円(前日比-65円)で始まってもそこで決済すれば
(3000円-2911円)×5株で445円の利益が取れる計算になる

NTTドコモが前日比で5%以上下げる日なんて年にそう何度もない
1回、2回運悪く事故にあったとしてもトータルで勝てる確率はかなり高いと思う。

あくせる
あくせる

ディフェンスがちがちのNTTドコモなどが対象銘柄になるのか?
とは疑問が残るが、普通で考えれば時価総額と流動性がある銘柄にはなると思う。



 

実戦メモ 12/19

今日の銘柄はKDDI、住友金属鉱山、本田技研、昭和電工、三菱地所の5銘柄

あくせる
あくせる

だいたい2,000円~3,000円の価格帯が中心になってくる感じ

17:00の申込に合わせるがアクセス集中して全然INできない・・・
ようやくINできた17:02辺りでは既に住友金属鉱山売りきれ

続けてKDDI、本田も売り切れ
何とか申込できた三菱地所で17:03

人増えたら1分、2分で終わるゲームになりそう・・・

 

余力入れてなかったので購入できたのは7株だけ

5%OFFの価格で購入できて現在時点での評価額は(2011円:購入単価)
15,000円➡15,740円  と740円の含み益状態
740/7株=105 で1株辺り105円の利益
明日の寄りで決済する予定です、105円以上下がらなければ利益が出る計算です。

決済

翌日の寄り直後に成り行きで決済
売却価格は2121円 
税引き後の最終利益は614円 

コメント

タイトルとURLをコピーしました