爆風のゴールデンウイーク 向島遠征

スポンサーリンク
キス釣り

スポンサーリンク

釣り三昧予定のGW

魚の活性も上がってきて、釣り三昧と予定していたゴールデンウイーク
しかし天候、特に風が強く投げ釣りメインの私には厳しかった・・・

 

スポンサーリンク

初日:横島

連休初日は横島のポイントでシーズンに入ったキス狙い

南岸の砂地で遠投~
一投目で18㌢の良型キスが上がって幸先良い連休かと思いましたが、まともに投げれたのは初めの2、3投げだけ・・・横風が強くなり390の投げ竿がまともに風をくらいます。

コンディション悪い状況でも結構頑張る方なんですが、この日は数字以上の暴風
竿を立てていりだけでも風にもっていかれる有様^^;
しかも時間進むにしたがって更に悪化、夜時間には10㍍超え・・・

午前中は勝負できると思ったが『危険』と判断して早々に撤退
潮がまだ良かっただけに残念

スポンサーリンク

爆風の向島遠征

翌日5月2日の横島の風天気の予報確認してみると、午前中から風速10㍍予想と昨日の続き
これは白旗かな?と思ったが、何気なく横の向島の予想確認してみると

風速6㍍前後とこちらも悪いが、最悪10㍍の内海町よりましか・・・
昨日の事同様現場へ入ってみないと実際のとこは分かりませんが

スポンサーリンク

福山から向島へ

福山から向島の南岸へ向かう、時間は一時間程
距離的にはさほど遠くないが帰りの二号線の渋滞が嫌

向島で知っている釣りポイントは南岸に集中している。

先ずは超有名ポイントの干潮から
風強いのに既に早朝から波止、駐車場とも満席・・・さすが干潮、さすがGW

因島大橋の下からスタート

干潮は早々諦めて因島大橋の下へ
大橋の下の激流ポイントと隣接する浜辺、思惑通り風は強いが投げれない程ではない

30分ほど投げるがあたりもなければ餌すら取られない
先着ではじめていた方にお話し聞くも全然との事
これは移動かな・・・

岩子島の橋から南岸の砂浜

次に向かったのが岩子島の有名な赤い橋
昨年の今頃だったかSNSでチヌの大群をどなたかアップしていた記憶があった。

ポイントに入ってみるものの凄い爆風、ここは予想以上風の通り道か投げ釣りが成立せず即撤退

南岸沿いの方が風が弱そうな感じだったので釣り人いる砂浜に少しお邪魔
先に少しお話聞いてみるとキス、チャリコ悪天候中でも釣れたとの事

少し離れた場所から投げ開始、きれいな砂浜でほとんど根掛かりしないwww
30分粘ってようやくあたりが一つ18㌢のキスが一匹
向島で始めて釣れたキスwww
お友達狙いで続けて近くにポイントおくも連チャンならず・・・
その後もあたりなく、結局一匹のみ(^^;

因島大橋の下へ

取り合えずの一匹の釣果を確保して再度因島大橋の下へ
今度は隣の砂浜ではなく本当の橋の下

目の前には激流が見えますが、足元は意外に静かな感じ
敷石も見えるのでブラクリの置き竿を2本だし

 

激流の中に取り合えず投げ入れてみる
18号の天秤ですが軽く流されます・・・
嫌な予感して上げてみると予想通り針が全くありません(^^;
ここで投げ続けると針だけ無限になくなりそう

ここで投げるならもっと流されないオモリを持ってくる必用がありました(反省)
投げは諦めて、置き竿まっている間流れ弱いとこに投げサビキするも反応なし
一時間程粘るもあたりすらなく風も強くなり朝一で投げた隣の砂浜に待機

結局ここで再度投げ釣りをする事に
橋の真下からそんなに離れてない場所ですが、少し凹っている分風の影響が少ない
早朝はエサ取りすらなかったが午後は若干のあたり
キュウセンベラ10㌢:リリース
潮の中で二度ほど強めのあたりあったが軽く糸をブチ切られる、キス狙いでハリスは一号
真鯛かな・・・
次回ここの潮の中狙う時はオモリ、ハリスともにもっと工夫しないとダメ(^^;

キスだけ狙うなら午前中に一匹上げた砂浜の方が良い気がする。

スポンサーリンク

向島、干潮の波止へ

ここまで思った以上にあたりが渋い
最後は偵察も含めて干潮の波止へ

14:00の満潮時間とあってか以外に場所が空いていた
風もある程度の範囲内であって、因島大橋の下よりこちらの方に人が多かったのが少し分かった気がした。
湾内でウマヅラハギ何匹か釣っている人がいた
真似てウキ、銅突きするか迷ったが取り合えず湾外に向けてキス狙い

一時間程投げて釣果はキス18㌢一匹がようやく
期待した干潮の波止も思った以上の釣果得られず
15:30辺り雨が強くなったとこで納竿

 

始めて入るポイント多く投げ竿でぶん投げてきましたが、それで良かったポイント悪かったポイント
次回の遠征に生かせるかwww

コメント

タイトルとURLをコピーしました