福山市近郊で釣ったお魚メモ クジメ

スポンサーリンク
お魚アルバム

スポンサーリンク

笠岡の海岸でクジメ釣れました

笠岡の見崎海岸でクジメ釣れました。

笠岡市内の海岸でキス釣り 5/23
見崎海岸で投げ釣り 5/26

両日ともキスを狙っていて足元近くの浅場で釣れた
サイズは両方とも12㌢~15㌢辺りと小ぶり

スポンサーリンク

クジメの思い出

クジメは海釣り始めて初めて釣れた魚
内海町の漁港で仕掛けは銅付き

季節ははっきりと覚えていないがやはり同じ5月だった様な気がする。
この時期活性が上がる魚の一つなのでしょう。

クジメはその容姿がアイナメに似ていて間違われる事も多い
始めて釣った時、隣の方に魚の名前を聞いたら

クジメ、アイナメの稚魚だよ」って・・・
結構最近までそのまま間違えて覚えてたりもして(^^;

クジメとアイナメの見分け方

アイナメにとてもよく似ていますが、違いはいくつかあります。まずサイズがアイナメより小さいことですが、見た目的には尾びれの形が違います。

クジメは丸みのある尾びれをしていますが、アイナメの尾びれは丸みが無く、角ばった形をしているか、もしくは少し弧を描くような形をしています。画像はアイナメですが、少し弧を描いていますよね。

口の大きさでも見分けることが出来ます。もし尾びれの形で判断出来なかった場合に見てみましょう。アイナメは口がとても大きいのですが、クジメの口はちょっと尖ったような形をしていて、おちょぼ口になっているのです。また、アイナメは唇が分厚いのも特徴なので、尾びれを見なくても判断がつきますね。

クジメとアイナメの見分け方

ウッディ
ウッディ

尾びれと口の形が判断材料になるとの事
釣った魚の写真みてみると・・・対象がないとイマイチ分かり難い

多分、クジメで間違いないとは思う(汗

 

クジメのメモ

クジメ(Spotbelly Greenling)

アイナメと混同されていることが多い。
浅い藻場などにいるので、沿岸の小型定置や刺し網の盛んなところでよく見かける。
全国的に流通することは少ない。

流通は少ないとあるようにわざわざ狙う魚ではないのでしょう。
投げ釣り、穴釣りしていたら「偶然に釣れてしまった」という感じなのでしょう。

スポンサーリンク

クジメの調理

以前釣った時は唐揚げにしましたが、今回は背開きにしてみりん干し(現在干し中)
同じサイズのキスなんかと比べると身が厚かったりもする。

専門サイトでは煮付けが紹介されている。
20㌢以上のクジメ釣れたら挑戦してみようかな

コメント

タイトルとURLをコピーしました